1. 宅建倶楽部

  2. ブログによらない宅建講師のメッセージ・トップ

  3. 業界を斬る

宅建のコンテンツを創り出す意欲

最後に更新した日:2021年03月13日(土)


迷物講師(小口)のグチをこぼした記事。
近頃同業他社との競争が激しくなるにつれ、宅建士試験のための「コンテンツを創り出す意欲」を意識せざるを得なくなった。
ネットのお陰で、私のような個人でも大手に対抗できるようになったのは事実だから、「私を生かしてくれたネット社会に恩返ししよう!」といろいろ発信してきた。
でも世の中には、私の「コンテンツやアイディアを流用」して、いわばネット社会の恩恵だけをかすめ盗っている人が、何と多いことか!
盗む人たちを非難するのは、建設的でないな、と思っているが、何か建設的な方策はないものか…。


(1)

最近ネット社会では、「コンテンツを創り出す意欲」について語られることが多くなりました。

(2)

私が初めてHPを持った14年前(1998年)、宅建試験のための「コンテンツを創り出す意欲」なんていうフレーズ自体、考えたが事が無かったです。

でも、やがて同業他社との競争が激しくなるにつれ、それを意識せざるを得なくなりました。

私の場合は、「俺は何のために宅建倶楽部をやっているのだろう?」、という意識が「コンテンツを創り出す意欲」と重なりました。

(3)

「俺は何のために宅建倶楽部をやっているのだろう?」=「コンテンツを創り出す意欲」が、生活のためである事は間違いないです。

問題は、生活のためとはいえ「宅建倶楽部のポリシーは何か?」という事でした。

(4)

まず、「ネット社会が訪れなかったら、宅建倶楽部はとっくに潰れていただろう」という事実を確認しました。

インターネットのお陰で、私のような個人でも大手に対抗できるようになったのは事実です。

その上での、「俺は何のために宅建倶楽部をやっているのだろう?」=「コンテンツを創り出す意欲」の自問自答です。

(5)

一応の到達点は、「俺を生かしてくれたネット社会に恩返ししよう!」でした。

それが同時に「コンテンツを創り出す意欲」を生み出してくれている、と納得できました。

(6)

それから10年以上経って、現在に至ります。

そして、ふと気がつきました。

世の中には、私の「コンテンツやアイディアを流用」して、いわばネット社会の恩恵だけをかすめ盗っている人が、何と多いことか!

日々ネット上の宅建コンテンツを巡回しているスタッフは、「マネされるのは一流の証拠でしょ!」なんて慰めてくれますが、私は今、流用されていることが原因で「コンテンツを創り出す意欲」が非常に低下しています。

(7)

「俺を生かしてくれたネット社会に恩返ししよう!」が「コンテンツを創り出す意欲」を生み出してくれていたはずなのに、今は、「流用されている」ことが原因で「コンテンツを創り出す意欲」が低下している、という自己矛盾を抱えているのです。

何とかこの矛盾を解決しなければ!

(8)

きょう現在思っているのは、ネット社会の恩恵だけをかすめ盗っている人は、未来永劫いなくなることは無い、という確信です。

歌舞伎の石川五右衛門のセリフだったら「~~浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ~~」っていうやつです。

だったら、盗む人たちを非難するのは、建設的でないな、と思っているのが現在の心境です。何か建設的な方策はないものか?


最初に投稿した日:2012年09月26日(水)


ページのTOPへ

姉妹サイト 宅建の迷物図書館