【宅地建物取引士資格試験】

日本で一番安い
宅建オンライン講座
宅建ファンタジスタ

2023年度(令和5年度)受験向け

更新:2022年11月16日

日本で一番長~く
宅建だけやってる講師が作った
日本で一番安~い
宅建講座


参考🔽
なぜ、迷物講師はオンライン講座で顔を出さないのか?


受講料


受講料に関して




この講座の内容

(1)オンライン教科書
このオンライン教科書の「目で文章を読む学習」での分量は、本試験と同じA4判の紙サイズに換算すると、全科目で約900㌻になります。

このオンライン教科書の「耳で講師のナマの声を聴く音声学習」での分量は、全科目で約86時間です。

再生速度を2倍速にすると、全科目で半分の約43時間になります。

(2)オンライン〇✕過去問集
このオンライン〇✕過去問集の「目で文章を読む学習」での分量は、全科目で2,300肢です。

なお〇✕過去問には、別に教科書の中に「散りばめられているもの」があり、こちらは全科目で1,400肢あります。

しかも「散りばめられているもの」は音声学習も併用できるので、再生速度を2倍速にすると、聴ける時間を半分にできます。

(3)オンライン四択過去問集
この四択過去問集の学習は、「目で文章を読む学習」だけになります。
全科目で約800題入っています。

宅建の本試験は50点満点なので、800÷50=16年分入っていることになりますが、過去に遡って16年分入っているのではありません。

日本で一番長~く宅建講師をやっている経験と勘に基づいて、昭和時代の過去問も掲載してあります。

(4)すべて3回無料で更新
オンライン講座のすべての教材(オンライン教科書・オンライン〇✕過去問集・オンライン四択過去問集)は、すべて3回(2022年12月・2023年5月・2023年8月)無料で更新します。

2023年度の宅建は、4月1日現在施行されている法令、及び8月に判明する統計問題の数字等を基準に出題されるため、2023年夏以前に出版される本や予備校・塾の教材は、そのままでは古くなってしまいます。

そこで、別バージョンで更新教材を提供する所が、ほぼ100%です(ひどい所では有料で)。

しかし宅建俱楽部ではそのようなことは創業以来していません。前述したように3回分すべて無料で更新します。

(5)質問・回答システム
オンライン講座のすべての教材(オンライン教科書・オンライン〇✕過去問集・オンライン四択過去問集)は、お申込み後にお教えする「専用メールアドレス」で、2023年度「本試験日の7日前」まで質問ができます。

回答は迷物講師が、原則として3営業日以内に直接します。

スタッフにまかせることはしません



この講座の申込方法

この講座の申込には、宅建俱楽部に紙の案内書を請求し、その案内書に従って体験受講していただくことが必要です。
案内書の請求は、必ず、この下に書いてあるようにしてください。

案内書の請求方法

こちらをタップ・クリックすると、ご自分のメールソフトが開きます。

開いた「何も書いてない画面」に、ご自分で
★ お名前(フルネーム)
★ 郵便番号
★ ご住所
★ 電話番号
の4点を、入力して送信ボタンを押してください。

このような手数をおかけするのは、最近激増してきた正体不明のボット(bot)に皆さまの個人情報を盗まれないようにするためです。

そこで宅建俱楽部では、多くの宅建予備校が使っているような「案内書請求フォーム」を用意せず、上記のような手数をおかけしているのです。




案内書の送付について

体験受講付き案内書は、ヤマト運輸で発送します。
送料は、すべて宅建俱楽部が負担いたします。

なお、この案内書の請求に電話番号まで入力する理由は、ヤマト運輸のドライバーが何かあった時に連絡できるようにするためです。




その他

宅建俱楽部はメール勧誘・電話勧誘等を創業以来一切してませんので、安心して請求してください。



履歴
創 業 31年の宅建俱楽部です 



宅建俱楽部に戻る

迷物図書館に戻る